漢方薬・中国医学の専門店:健康相談薬局さかいや

ホーム
薬局紹介
お客様の声
営業時間・案内図
相談の予約
特集:不妊
症状別相談
生理痛他

よくいただくご質問
■シリーズ 「不妊」
赤ちゃんが出来やすい体作り

no.4
男性・女性ホルモンに関係する腎精のはなし
生理、妊娠、出産、精子、子供の丈夫さなどに関係します


男性ホルモン、女性ホルモンの働きを含めた体のピークは、
男性32歳・女性28歳といわれています

これは、五臓六腑でいう「腎」が関係します。

腎の働きのひとつに「腎は精を貯蔵する」というものがあります。
精は生長・発育・生殖に深く関わります。幼年期には永久歯への生えかわりや、髪の毛がしっかりしてくることなどに関係し、青年期には「天癸(てんき)」とよばれる物質を作ります。これにより男性は精子が作られるようになり、女性は生理がくるようになります。

つまり、腎精がしっかりしている程、生理、妊娠、出産をはじめ、正常に体が機能しやすくなり、腎精が不足する程、不妊症、閉経などの原因になります。このような場合、腎精を補う漢方薬が大切になります。

また腎精が豊富な両親からは、腎精が豊富な子供が生まれやすいため、丈夫でスクスクと育ちやすくなります。


   

Copyright (C) 2005-2017 SAKAIYA. All rights reserved.