漢方薬・中国医学の専門店:健康相談薬局さかいや

ホーム
薬局紹介
お客様の声
営業時間・案内図
相談の予約
特集:不妊
症状別相談
生理痛他

よくいただくご質問
子宮筋腫
子宮筋腫とは
子宮の筋肉に発生する筋腫(良性腫瘍)です。成人女性では無症状の方を含めると約20%の方に子宮筋腫が存在するといわれています。発生・増大にはエストロゲンが大きく関係し、35歳から50歳の方が全体の80%といわれています。
はっきりとした原因は不明ですが、初潮の低年齢化、環境ホルモンとの関わり、免疫機能の低下との関わり、増殖因子の作用(学説)、他、これらが挙げられています。

子宮筋腫により起こりやすい症状
生理の出血量が多い
生理の期間が長い・・ダラダラと続く
レバーのような血の塊(血塊)が出る
下腹部にしこりがある
 ※悪性腫瘍との鑑別の必要性有り
おりもの(帯下)の増加・・水っぽいおりものが増える
生理痛・・筋腫の場所により痛みが出やすくなることもあります
貧血・・疲れやすさ、立ちくらみ、めまい、動悸
不妊・・25%〜35%の方が妊娠しにくくなると言われています

子宮筋腫になるリスクが高くなる方
●生理が不調な方
●無排卵性月経の方
●妊娠、出産の経験がない方

中国医学(漢方)では
子宮筋腫は、陰陽のバランスが崩れていることが根本にあると考えます。そして、血流およびひとりひとりの方の体質も重視します。

陰陽のバランスについて
中国医学では、エストロゲンの働きを陰と、プロゲステロンの働きを陽と考え、体質に合う漢方薬を選びます。
例えば、基礎体温表をとっていただいた際に、低温期から高温期への移り変わに、日にちが何日もかかる場合、陽の力が不足している可能性が高いとも考えられます。このような場合、陽を補う漢方薬がより的確なものになることがあります。

養生として
生活のリズムが不規則な方、夜おそくまで起きてみえる方、ストレスが多い方は、リスクが大きくなりますのでご注意下さいね。

 

Copyright (C) 2005-2017 SAKAIYA. All rights reserved.